消費税増税前の駆け込み故障?

3年ほど前に買った録画用の外付けHDD(HD-CB1.5TU2)が壊れたみたいだ。
いや、HDDを認識するからまだ完全には壊れていないが、うまく録画や再生ができないことが頻発するようになった。
a0008617_573789.jpg

実は故障の原因にも心当たりがある。以前に録画中に誤ってHDDを足で蹴ったことがあるので、たぶんその時にディスクに傷が入ったのだろう。そうでなくてもHDDは消耗品、3年も録画再生を繰り返していればいつ壊れてもおかしくない。だったら消費税増税前に新しいHDDに買い換えておこうと思い大須まで出かけてきた。

HDD本体の故障で電源制御回路とケース部分は生きているので、内蔵用のHDDだけ買ってきて交換しようと思う。なじみのショップを数件回って価格調査すると2TBの内蔵用HDDは約¥8000。さらに、再生可能な番組を古いHDDから新しいHDDにダビングするためにはUSB変換アダプタが必要だが、これが約¥1500。

合わせて¥9500程度、なんとか1万円以内で買えると思いながら、念のため外付けHDDの値段を確認してみると、1万円以上すると思っていた2TBの外付けHDD(HD-LS2.0TU2C)がなんと¥9380で売られている。USB2.0対応の旧モデルだが録画用ならこれで十分だ。
a0008617_58255.jpg

内蔵用HDDだけ買ってきて交換するよりも安上がりなので、結局外付けHDDを買うことにした。
で、早速新しいHDDを認識させて、古いHDDから再生可能な番組のダビングを開始したが、100番組ぐらいありそうなので、全てダビングし終わるには何時間かかることやら、(^^;)

【3/31追記】
ところでダビング後の古いHDDをPC接続してチェックしてみようと思ったが、録画用に初期化したHDDはPCから操作できないようにロックされている。仕方ないのでググってみたらこんな情報を発見。
◆WindowsからのGPT保護パーティションの削除

このブログに記載のとおり、diskpart という Windows 標準添付のコマンドラインツールを使って「GPT保護パーティション」を削除し、普通のディスクのように操作可能となった。

有益な情報提供者に感謝、(^_^)v


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2014-03-30 16:39 | お薦め | Comments(0) <:/p>

<< 原発廃炉と放射性廃棄物処理は表裏一体 ♪ネットで宝探し >>