【備忘録】大島の土砂災害について危機管理の面から考察する

◆伊豆大島、台風の非常態勢遅れる 土石流、死者18人に - 47NEWS(よんななニュース)

東京都・伊豆大島(大島町)で17人が死亡した土石流とみられる大規模な土砂崩れで、台風26号が接近中の15日午後に町が被害を想定しながら、風雨が猛烈になった16日未明まで職員の非常配備態勢を取っていなかったことが17日、同町への取材で分かった。避難指示や勧告がなかったことに加え、被害拡大につながった可能性がある。安否不明者は一部所在が確認されたが、なお35人に上っている。
がれきに体の大半が埋まっていた女性(76)は午後になって引き出され、死亡が確認された。死者は18人となった。川島理史町長は17日の記者会見で避難勧告を出さなかった自らの判断を謝罪。

◆伊豆大島土砂崩れ 町長が当日の詳細なやりとり記した文書公表

多くの死者や行方不明者が出た伊豆大島の土砂崩れについて、避難指示を出さなかったとして、対応の遅さを指摘されている大島町の川島理史町長が、当日の詳細なやり取りを時系列で記した文書を、17日午前に公表した。川島町長は「早いうちに勧告が出せなかったのかということを含めて、いっときも、このことが頭から離れることはありません。あの状況下のもとで、勧告を出すことは、これまでの経験上も、避難を拡大するおそれがあると」と述べた。
大島町の対応については、15日午後6時5分、土砂災害の危険度が高まったときに出される「土砂災害警戒情報」が発表され、16日午前1時半になって、大島町の担当者や気象庁の専門家が集まり、協議したが、結局、避難指示や勧告は出さなかった。午前2時20分には、記録的短時間大雨情報が発表され、河川の氾濫や住宅の倒壊という情報も把握し、午前3時26分には、警視庁大島警察署も、避難勧告をするように町に呼びかけたが、町は午前3時35分、防災無線で、「氾濫により、危険な状況となっていますので、注意してください」と住民に呼びかけただけで、避難勧告を出さなかった。
川島町長は、「これまでの経験上、勧告を出す判断ができなかった」としながら、勧告を出さなかったことについて謝罪した。

**********************************

大島町の土砂災害では、町や町長が避難勧告を出す出さないについて「能力」や「人格」面から評価する方が少なからずいるが、これはあくまで「危機管理」に関する「知識」と「意識」の問題なので、今後のためにも記録しておきたい。

10/17の中日新聞朝刊によると、原田副町長が14日から東京都檜原村に出張中にもかかわらず、川島町長も15日から島根県・隠岐諸島に出張に出かけており、災害が発生した16日未明は町の責任者が二人とも不在だった。

しかし町長が出張に出かける15日より前の時点で、メディア等を通じて「記録的な台風が接近中」とほぼ全国的に注意喚起されていただけに、災害対策本部の指揮を総務課長に託したとはいえ、町の責任者が二人揃って不在であったことは、避難勧告を出す出さないに関わらず、危機管理上の重大な「判断ミス」と批判されても仕方がない。

(報道によると職員の非常呼集もなかったみたいなので、もしかすると町にはきちんとした災害対策本部が設置されていなかったのかも知れない。そうなると総務課長が代理で指揮していたというのも「机上だけ」の可能性も否定できない。)

福島第一原発の事故発生時に、東電の会長と社長がそろって不在であった点が国会事故調でも問題点として指摘されていただけに、そうした過去の教訓が活かされなかったことが、危機管理を考える上で非常に残念でならない。

危機管理について少しでも学んでいれば、大島町は町長の出張を中止するか、副町長の予定を切り上げて町長と入れ替わりに呼び戻したことだろう。ましてや町長の出張目的は「日本ジオパーク隠岐大会」で、あのような厳戒体制が必要な状況下で、どうしても参加が必要な出張だったのか疑問だ。
◆「日本ジオパーク隠岐大会」

町長だけを個人的に責める意図はないが、やはり最高意思決定者である町長(もしくは副町長)が現場にいれば、もっと違った対応が出来たと思えてならない。「そんなのは結果論だ」との反論もあるかも知れないが、危機管理体制上の重大な「判断ミス」があれば、「結果論」で批判されても弁解のしようがない。

全く別の例になるが、プロ野球の遠征でも一軍選手は半分ずつに分かれて移動する、と聞いたことがある。これも事故等で重要な選手が揃って不在になることを避けるための危機管理である。

危機管理を考える上では、例えこの件の当事者で無くても「他山の石」として考察しておけば、いつか自分が当事者になったときに「疑似体験」として活かされるはずだ。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-10-18 12:15 | 社会 <:/p>

<< 【備忘録】大島町の土砂災害につ... ♪ネットで宝探し(10/10) >>