【改訂版】ものすごく簡単な「がれき」と「お金」のはなし

①震災で2000万トンの「がれき」が発生した。(と思われていた)

②環境省は全国の自治体に400万トンの「がれき処理」の協力(広域処理)を呼びかけた。

③環境省は「がれき処理」に必要な「お金」として1兆円の復興予算を確保した。

④予算が確保できたので「がれき処理」に必要な「お金」は全額国が負担することになった。

⑤「がれき」を処理すれば国から1トン当たり2万円(被災地周辺)から10万円(遠隔地)の「お金」が貰える。

⑥「がれき」が「お宝」(補助金)に化けた。

⑦全国の自治体から「がれき」(=補助金)の受入希望が殺到した。

⑧しかし全国各地で「汚染」を心配する住民の反対運動が起きた。

⑨よく調べたら「がれき」の総量が450万トン減り広域処理の「必要性」が無くなった。

「必要性」が無くなったので殆どの自治体は「がれき」の受入を断念した。

⑪「総量」が450万トン減ったのに環境省は確保した復興予算を手放さなかった。

⑫そして「事業仕分け」で予算が減ったゴミ処理施設整備の「補助金」に復興予算を流用した。

⑬流用した復興予算を余らせたくない環境省は多くの自治体に「補助金」をばらまきたい。

⑭そこで「がれき」を受け入れなくても「検討」しただけで「補助金」を出すことにした。

⑮「補助金」に目が眩んだ自治体は「必要性」が無いのに「がれき」の受入れを開始した。

⑯しかし総量が減って「がれき」が残っていないのでどの自治体も前倒しで受入れを終了した。

⑰それでも「補助金」をばらまきたい環境省は現地処理を減らして「がれき」を配ることにした。

⑱大阪や富山で現在受け入れている「がれき」はこうして無理矢理作り出した「エアガレキ」だ。

「エアガレキ」だから強引に受入を決めた大阪や富山も前倒しで終了することになった。

⑳結局のところ「がれき」ではなく「お金」の広域処理だったが、それでいったい誰が喜んだのだろう。



***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-07-21 21:00 | 政治 | Comments(0) <:/p>

<< 今回の選挙結果について思うこと。 ♪大須で宝探し(7/13) >>