フクイチの停電事故(電源障害)に関する報道について

先週発生したフクイチの停電事故(電源障害)に関する報道で、障害部位が「仮設配電盤」「仮設電源盤」という異なる単語を使用してマスコミ各社が報道しているので混乱している。

仮設配電盤に焦げ跡 ネズミが接触か(産経ニュース)
東京電力福島第1原発で18日夜に停電が発生し、燃料貯蔵プールの冷却装置など9つの設備が停止した問題で、東電は20日、3、4号機プールの仮設配電盤の端子と壁面に焦げ跡を確認した。仮設配電盤は屋外のトラックの荷台に置かれており、焦げ跡付近にネズミのような小動物の死骸があった。東電は小動物が接触し配電盤がショートした可能性があるとして、詳しい原因を調べている。

a0008617_17303084.jpg


◆福島第1原発冷却システム停止 3・4号機仮設電源盤の調査開始(FNN)
福島第1原発で冷却システムが停止していた問題で、東京電力は20日朝から、原因を特定するため、3号機・4号機の仮設の電源盤の調査を始めた。福島第1原発では、18日午後、停電が起き、1号機・3号機・4号機の使用済み燃料プールと共用プールの冷却システムなどが停止し、20日未明、およそ29時間ぶりに、全ての施設が復旧した。今回のトラブルは、3号機・4号機の仮設の電源盤の不具合が原因とみられていて、東京電力は、20日朝から25人態勢で調査を始めた。問題の電源盤は、19日の段階では、目立った損傷は見つからず、20日からは、周辺設備も含めて、電気テストなどを実施している。

a0008617_17305188.jpg


この混乱は、東電が「M/C」という略語を使用して正確な単語でプレスリリースしていないことが原因だが、下の写真資料を見る限りは「仮設電源盤」が正解のように思える。

◆福島第一原子力発電所における電源設備の不具合について(3/19)
平成25年3月18日午後6時57分頃、福島第一原子力発電所免震重要棟において、電源が瞬時停止する事象が発生。それを受け、設備の状況を確認したところ、プロセス建屋常用M/C(メタクラ)と所内共通M/C4Aと仮設3/4号M/C(A)が停止していることを確認。

仮設3/4号M/C(A)他の電源停止事象について(3/22)
平成25年3月18日午後6時57分頃、福島第一原子力発電所免震重要棟において、電源が瞬時停止する事象が発生。それを受け、設備の状況を確認したところ、プロセス建屋常用M/C(メタクラ)と所内共通M/C4Aと仮設3/4号M/C(A)が停止していることを確認。

「仮設配電盤」に関する報道と資料
a0008617_1733153.jpg

a0008617_17114426.jpg


「仮設電源盤」に関する報道と資料
a0008617_1754779.jpg

a0008617_17121269.jpg



***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-03-24 17:18 | 社会 | Comments(0) <:/p>

<< 【転載情報】住民監査請求(概要) 情報公開された岩手県の瓦礫処理... >>