ものすごく簡単な「がれき」と「お金」のはなし

①震災で2000万トン以上の「がれき」が発生した。

②環境省は全国の自治体に「がれき処理」の協力(広域処理)を呼びかけた。

③環境省は「がれき処理」に必要な「お金」として1兆円の復興予算を確保した。

④「がれき処理」に必要な「お金」は「全額国が負担」することになった。

⑤「がれき」を処理すれば国から貰える「お金」(補助金)は1トン当たり2万円(被災地周辺の場合)から10万円(広域処理する遠隔地の場合)。さらにゴミ処理施設整備の補助金までついてくるので「がれき」が「お宝」に化けた。

⑥全国の自治体から「がれき」の受入希望が殺到した。

⑦しかし放射能汚染を心配する住民から反対運動が起きた。

⑧「がれき」の総量が見直しにより3割も減った。

⑨総量が減ったので多くの自治体は「がれき」の受入を断念した。

⑩総量が減ったけど環境省は1兆円の復興予算を手放さなかった。

⑪復興予算を余らせたくない環境省は、処理単価が安い被災地周辺ではなく遠隔地で広域処理したくて仕方がない。

⑫少しでも「お宝」(補助金)の分け前が欲しい北九州や大阪などの自治体は、今でも「がれき」を受け入れたくて仕方がない。

⑬だから大阪は「がれき」受入で50億円(受託収入)の予算を組んでいる。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2012-11-20 12:24 | 経済 | Comments(2) <:/p>

Commented by 橋下・北橋リコール希望 at 2012-11-20 14:51 x
はっきり復興予算ねらいと言えばいいものを

「絆」だの「被災者の気持ちになれ」だの

まだぬけぬけと言ってる橋下大阪市長

東京都は震災がれき(アスベスト等有害物+放射性物質含む)を市区町村の一般ゴミ焼却炉で焼き、焼却炉も汚染、周辺の大気も当然汚染

この手の環境公害、一度やったら除染とか無理だって知ってるよね?

復興予算は広告代理店と産廃運輸ゼネコン関係者とそこの従業員へ

何だったんだろう?今年の3月くらいから全国的に問題になっていたこの問題
北九州市を強行したのは最悪の政治的決断だったとしかいいようがない

広域震災がれき処理の実態
=復興予算火事場泥棒+放射性廃棄物処理の規制緩和

↓ ↓ ↓ ↓

「焼却炉の排煙はバグを通すようになるけど排煙の温度が高温になるとバグを保護(焼けるから)するためにバイパスを通す
バイパスってのは要するにツーツーで大気開放すること(セシウムでまくり)
いまある焼却場でこんなもん燃やすほうがどうかしてる 」
Commented by 大分県南部人間 at 2012-11-29 10:30 x
あざらしさん お久しぶりです。至急これをツィッターで拡散をお願いします。大阪の人のブログにも書いてはいますが、まだ広がりがありません。

http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072701000777.html

中皮腫など肺にできるがんは、吸い込んだアスベスト(石綿)や喫煙により肺に放射性物質のラジウムがたまって“ホットスポット”ができ、非常に強い局所的な体内被ばくが続くのが原因とする研究結果を岡山大などがまとめ、27日に発表した。

3.11前の研究発表で、事故後はなぜか続報が出てこないのですが、天然にあるラジウムとアスベストの鉄分が合体することで中皮腫リスクがあがるとのことです。

人工のセシウムなどでどうなるかと検討した人もいます。
http://minkara.carview.co.jp/userid/863031/blog/24448901/

法律上の基準値の10本はもともとアスベストを扱う工場などの境界付近で測定するもので、煙突から外部に出ることを想定しておりません。
煙突から大気中にばらまくことを想定していないのですから、安全宣言などできません。

<< ♪秋葉原で宝探し(12/5) ♪大須で宝探し(11/17) >>