復興予算の流用問題(まとめ)

 まずは復興予算の財源を検討していた頃の1年前の報道を振り返る。
 以下の記事によると、19兆円の予算規模はこの頃既に決まっていたが、財源確保のための増税内容についてはまだ明らかにされていない。
 また復興予算で行う事業内訳には「救助・復旧事業」「復興事業」と書かれており、被災地以外の全国で行うような事業はイメージできず、唯一イメージできるのは「全国的な緊急防災・減災事業」の1兆円のみである。

◆復興予算の流用問題【その1】

 この10兆円の増税部分については「被災者支援、被災地復興のためならやむなし」という国民の善意から、その後は目立った反対の声や国会での論争もなく所得税、住民税、法人税の増税が盛り込まれたのだが、以下の記事で検証している通り、国民生活よりも企業を優先した増税内容となっている。

◆復興予算の流用問題【その2】

 このようにして政府・霞ヶ関が手に入れた19兆円の復興予算だが、当初謳われていた「救助・復旧事業」や「復興事業」とは到底思えないような事業に流用されていたことが、今回大きな問題となっている。
 以下の記事では、武器や核融合研究にまで復興予算が流用されており、まさに国民の善意を食い荒らす「シロアリ」と呼ばれても当然で、国家詐欺に近い行為と言えるのではないだろうか。

◆復興予算の流用問題【その3】

 こうした国民の強い批判に対して、復興予算を流用していた霞ヶ関の官僚はというと、各省庁とも「復興基本方針に沿っている」と主張し開き直っている。というのも、政府が昨夏決定した復興基本方針で、産業空洞化や全国各地の防災対策などを「日本全体の再生」として復興政策に含め、各省が「最優先は被災地の復興」(復興庁)との前提を拡大解釈し、予算を査定する財務省も「復興予算」として認めた経緯があるからだ。

◆復興予算の流用問題【その4】

 さらに復興予算の流用を批判する大手マスコミも共犯だ、と以下の通り週刊誌が指摘している。「大メディアと国会は、本誌が8月はじめにこの事実を報じてから2か月以上、頬被りを決め込んでいた。(中略)あのとき、国会追及や大メディアの報道が行なわれていれば、消費増税法案への批判が一層高まって廃案になる可能性があった。だからこそ、増税推進派の大メディアと自民党は、消費増税法案成立まで黙殺し続けたのではないか」。
 政府・行政を監視するはずのマスコミまでもが復興予算にたかるシロアリの仲間と化していては、国民はいったい何を信じればいいのだろう。まさに、政府・与野党・マスコミが一体となって国民を欺いた国家的詐欺行為といえるのではないだろうか。

◆復興予算の流用問題【その5】

 当ブログでは、震災がれきの広域処理問題について様々な問題点を追及してきたが、実はこの週刊誌よりも更に早い今年3月の時点で復興予算の流用を指摘し、この問題について自治体や地方議員などに訴えてきた。それは、女川町の瓦礫を受け入れる予定の「ふじみ野衛生組合」(調布市・三鷹市)に、ゴミ処理施設の建設費用として瓦礫処理費用とは別に10億円もの「災害復興特別交付税」が交付されていたからだ。
 この「災害復興特別交付税」も財源は復興予算で、その予算規模は瓦礫処理予算を遙かに上回る。この交付金が瓦礫の受け入れとセットで自治体に交付されるのであれば、財政難に悩む各自治体にとってこんなに魅力的な話はない。
 事実、野田総理も「被災地のがれきを引き受けるわけだから、処分場の拡充や新たに処分場を建設するということも出てくる。その財政的な負担をこれからは国がしていく」と述べ、がれきの受け入れを検討している自治体に対して国が財政支援を行うと表明していたが、その財源こそが復興予算だ。
 瓦礫広域処理に反対する私たち市民は、こうした事実関係にもとづき「各自治体が本当に被災地支援のためというのであれば、本来は被災地の為に使われるべき復興予算を一銭たりとも受け取らない、と宣言してから瓦礫の受け入れ宣言をすべきだ」と訴えてきたが、これらの意見は一部の心ある政治家を除き、与野党の政治家もマスコミも未だに無視している。

◆復興予算の流用問題【その6】

 さすがの政府・与野党・マスコミも、ここにきてようやく重い腰を上げて復興予算の検討・検証作業を開始したが、復興詐欺の被害者である私たち納税者としては「来年度から」とか「不適切なら執行しない」などの甘い対応では到底許せるものではない。
 先に国民を裏切ったのは政府・与野党・マスコミなのだから、「既に流用した予算を返納しない限り増税には一切協力できない」という厳しいスタンスで、政府・与野党・マスコミに対して声をあげていくことが必要だと思う。その意味でも、復興予算を全国にばらまくだけでなく、わざわざ高コスト事業を強引に進めている瓦礫広域処理の見直しから、まずは手を付けるべきだろう。

◆復興予算の流用問題【その7】

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2012-10-24 12:31 | 政治 <:/p>

<< 愛知県が震災瓦礫の受入を断念 (3) 復興予算の流用問題【その7】 >>