想定問答を作ってみた

放射能汚染された災害廃棄物の広域処理に対して、「福島の人はどうなってもいいのか」とか「東京はどうせ汚染されているから岩手の廃棄物を受け入れても問題ない」などの意見が寄せられていますが、みなさん大きな勘違いしていますので「Q&A」を作ってみました。

Q&A(チラシ)

想定問答(回答根拠付き)

原発敷地外に大量に放射性物質が出回ってない場合は、クリアランスレベルを厳守していれば環境への影響はほぼ無視できる程度だったかもしれませんが、これだけ大量の放射性物質を処分しなければならなくなると、濃度ではなく総量で考える必要があるということ。

受け入れが問題なのは災害廃棄物ではなく、それに一緒について来る大量の放射性物質なのです。

【参考資料】

東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域処理の促進について(平成23年11月2日)

東京都と岩手県の「災害廃棄物処理基本協定」に関する資料(平成23年10月11日:環境局)

東京都と宮城県の「災害廃棄物処理基本協定」に関する資料(平成23年10月11日:環境局)


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-11-09 12:51 | 健康 <:/p>

<< 【転載】C-ラボ(市民放射能セ... 汚染廃棄物広域処理関連情報のリ... >>