★エスカレーターの「正しい乗り方」をもっとPRしよう

a0008617_9325542.gif●エスカレーターPR不足で混乱 名古屋市地下鉄の張り紙(中日新聞:11月28日)
 名古屋市交通局は全国の地下鉄で初めて、地下鉄駅でエスカレーター上の歩行を禁止し、二列に並んで乗るよう“指導”を始めたそうだ。
 しかし、急ぐ人のために片側を空けるのは全国的に「マナー」と考えられており、小さな張り紙だけでの注意に「かえって混乱を招いている」と疑問の声が出ているとか。

■エスカレーター2列乗りで混乱?

○以前にもこのブログで取り上げたエスカレーターの片側空け問題ですが、上の記事に書かれているように、2列に並んで乗るように指導を始めた名古屋市地下鉄で混乱が生じているそうです。

 指導といっても、特にアナウンスなどをしているわけではなく張り紙を掲示しただけなので、「たまたま紙を見て二列に並んだ人と、急いで上がろうとする若者の間で小競り合いが起きている」ということのようです。
 これについて、稲本和仁氏(自民)が名古屋市議会の本会議で取り上げ「長年の慣習を、たった一枚の張り紙で変えようというのは無理がある」と追及するそうですが、何かおかしいような気がします。

 私が6年ほど前に名古屋に住んでいた時は、エスカレーターの片側空けなんて東京ならいざ知らず、まだ名古屋では習慣になっていなかったように記憶しています。
 当時は、「東京ではエスカレーターの左側に乗り大阪では右側に乗るが、名古屋では真ん中に乗る」なんてジョークを語っていたことを覚えています。(笑)
 それが、5年間ほど東京に住んでから去年名古屋に戻ってきたら、いつのまにか今のようなルールが定着していました。右側を空けているところを見ると、恐らく東京からそのようなルールが持ち込まれたのだと思いますが、なんでも東京の真似をせずに名古屋流を通せばいいのではないでしょうか

■「正しい乗り方」をもっと堂々とPRしよう

○名古屋市交通局は、「あまり派手に指導をすると、急ぐ人から猛反発を受け、かえって混乱する」と言っていますが、本当にそうでしょうか。
 朝夕の通勤ラッシュ時などは、エスカレーターを歩きたくない人たちが右側を空けようとして左側に長い列を作り、かえって地下鉄ホームの混雑に拍車をかけていますが、そこまでして急ぐ方に気を遣って右側を空けなければならないものでしょうか。

 以前にも書きましたが、本当に緊急の用件でエスカレーターを歩かなければならないほど急いでいる人がどれだけいるのか、私には疑問です。逆に本当に急いでいる人は、エスカレーターの横に設置している階段を駆け上がっているのではないかと思います。
 記事でも紹介されていましたが、自分の都合で急いでいるのにエスカレーターの片側を空けていない人に文句を言うのはお門違いではないかと思います。他人に文句を言う前に、そこまで急がなければならなくなった自分の段取りの悪さを反省すべきではないでしょうか。

 エレベーター協会によると、エスカレーターは歩いたり走ったりしないのが「正しい乗り方」なのだそうですから、名古屋市交通局も同協会が言っているとおり「もっと堂々とPR」すべきではないかと思います。
[PR]

by azarashi_salad | 2004-12-01 22:05 | 社会 | Comments(0) <:/p>

<< ☆関西の空港が抱えている問題(2) ☆関西の空港が抱えている問題 >>