◆愛知県瓦礫受け入れ問題

kanelmageさんが「愛知県瓦礫受け入れ問題」のHPを開設してくれました。

早速、前回公表した「チラシ」と今回作って頂いた「要望書」を添付して。愛知県内のツイッターをしている市議会議員(15名)に検討していただくよう呟きました。

各議員の反応や回答については「こちら」で公表しています。(随時更新中)

【8/22:追記】鈴木アキラ議員(豊田市)から以下の通り返信を頂きました。
◎先日送信いただいた件について、豊田市の現状を調査しました。豊田市では被災地からの瓦礫・産廃等の受け入れについて4月に環境省から打診がありましたが、現在、受け入れなどを行う協議は行っていない。との回答でした。

【8/18:追記】鈴木アキラ議員(豊田市)のアカウントを教えて頂きましたので要望書を送付しました。

【8/18:追記】岡田耕一議員(豊田市)とかどはら武志議員(東郷町)から以下の通り返信を頂きました。
◎国会議員ではありませんので、法案審議には参加できませんが、市議としてやれることをしっかりやりたいと思います。(岡田議員)
◎要望書を国会議員事務所に送ります。また、みなさんからも直接働きかけていただけるとありがたいです。(かどはら議員)

【8/17:追記】これまで返信を頂いた7名の議員(こちらを参照)の方に新「要望書」を送付しました。

【8/10:追記】近藤とくひさ議員(名古屋市)と面談し、新「要望書」をお渡しして、問題点について直接ご説明しました。

【7/22:追記】かどはら議員(東郷町)から追加の返信を頂きました。独自測定を要望していただいたとのことです。

【7/17:追記】原田議員(長久手町)から返信を頂きました。

【7/17:追記】かどはら議員(東郷町)から返信を頂きました。

【7/15:追記】これまで冨田議員(豊川市)、岡田議員(豊田市)、石川議員(武豊町)、早川議員(豊川市)、さいとう議員(豊橋市)の5名の方から返信を頂いております。

【7/13:追記】新たに18名の議員に検討していただくよう呟きました。

【7/6:追記】6/25の豊川市議会で「放射能の状況と対応」に関する一般質問及び当局回答がありました。 (参考記事)

【7/5:追記】京都市長の回答

『本市におきましては,安心・安全のため,放射性物質により汚染されているおそれのある災害廃棄物は受入処理を行いません。また,汚染のおそれがないとされる場合でも,仮に今後受け入れる段階では,更に市が安全性を確認することとしております』

私たちが期待する回答の参考例。

特に、以下の2点をセットで回答していることが重要です。
1、放射性物質により汚染されているおそれのある災害廃棄物は受入処理を行いません。
2、汚染のおそれがないとされる場合でも,仮に今後受け入れる段階では,更に市が安全性を確認する。

ちなみに名古屋市は当初から「岩手県の被災瓦礫のみ」を受け入れ表明していますが、近隣の自治体で汚染された瓦礫を処理すると、やはり汚染が拡大します。
したがって、このような場合でも周辺の全ての自治体で歩調を合わせて対応することが必要です。

【お願い】
今回連絡した市議会議員15名以外にも、ツイッターをしている愛知県の議員(市議会議員でなく県会議員でも構いません)のアカウントが分かる方、情報提供して頂ける方は本ブログにコメント下さい(または@azarashi_saladあてにツイート下さい)。

どうかよろしくお願いします<(_ _)>



***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-08-22 23:59 | 政治 <:/p>

<< ◆放射能測定ボランティア養成講... ◆東日本大震災により生じた災害... >>