◇制服姿で飲酒はマズイだろう

a0008617_9444983.gif
●イラク派遣自衛官が制服姿で飲酒 タイ・バンコク国際空港のロビーで(中日新聞:10月17日)
 イラクへ向かう途中の自衛隊員が、経由地のタイ・バンコク国際空港の出発ロビーでビールを飲んでいるのが目撃され、写真とともに中日新聞社に情報が寄せられたそうだ。
 防衛庁は調査を行い、飲酒があった事実を認めたとか。

○国会で自衛隊のイラク派遣の議論が少し治まると緊張感が無くなるのでしょうか。
 名古屋空港から民間チャーター機でイラクに向かった自衛隊の交代要員が、一般市民の目の前で、こともあろうに制服姿で飲酒したというから驚きです。

 居合わせた目撃者は『この人たちは何をしにイラクに行くのかと思った。自衛隊に失望した。日本人として恥ずかしい』と憤るそうですが、全くそのとおりだと思います。
 防衛庁の航空幕僚監部は『一部の隊員が飲酒をしたのは事実だが、指揮官の判断で休憩時間だった。任務中ではなく、問題になることはない』とコメントしているそうですが、任務中でなければなぜ制服を着ているのでしょうか。
 移動中は任務で無いというのであれば、私服姿で移動すればいいのではないでしょうか。

 また、休憩時間とのコメントも全く納得できるものではありません。どこの会社や役所で、休憩中の飲酒が認められているというのでしょうか。
 それとも、自衛隊では『勤務中であっても休憩時間であれば飲酒していい決まりになっている』とでも言うつもりでしょうか。

 もちろん、家族を残して不安の中、イラクに出向く隊員達が緊張感を和らげたくなる気持ちは分からなくはありませんが、少なくとも公衆の面前で、しかも制服姿ですることではないと思います。

 市民から『酒を飲んでいいのか』と詰問された隊員は、『一部をとらえて揚げ足を取るようなことはやめてほしい』と答えたそうですが、大きな勘違いです。
 「揚げ足」どころか、どこからどうみても釈明しようがない「非」であり、全く反省しているところが感じられません。
 さらに『誰にも迷惑を掛けていない』というコメントからは、このような隊員はイラクで日本の評判を悪くするに違いないと確信できると思います。

○私が知っている自衛隊員には、非常に真面目で何事にも一所懸命に取り組んでくれて、個人的には尊敬できる方もいます。
 にもかかわらずどうしてこのような意識が低い隊員たちがイラクに派遣されているのか理解に苦しむと同時に、自衛隊という組織のレベルが知れるようで恐ろしく感じます

 自衛隊がこのような隊員たちで組織されていると知れた以上、「憲法改正」なんてまっぴらゴメンです。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.livedoor.jp/azarashi_salad/tb.cgi/8165723
[PR]

by azarashi_salad | 2004-10-17 10:27 | 社会 <:/p>

<< 「ブロガー新聞」(第3号)発行... ♪「金八先生」で「相田みつを」を紹介 >>