◆おせち考

ネット注文おせち「見本と違う」…納品遅れも

新年早々このニュースには驚かされた。中には「そもそも御節を通販で頼む方が間違っている」という意見もあるが、これだけ多くの方が注文しているということは一定のニーズがあるのも確かなわけで、こうしたビジネスモデル自体を否定する必要はないと思うのだがどうだろう。

我が家もこの年末年始は家族揃って実家(四国)に里帰りしたので、初めてイオンの御節をネット通販で注文した。楽天の御節も一度は検討したが、通販の御節は当たり外れが大きいと聞いていたので大手のイオンで注文。

イオンの御節は予定通り31日に配達され、見た目もそれなりに豪華だったが、味はスーパーの惣菜と変わらず不味くもなけば美味くもないので、コストパフォーマンスを考えると恐らくもうイオンで注文することはないだろう。

a0008617_10402017.jpg


一方、実家でも御節より少し安い皿鉢料理を近所の魚屋で注文していたが、こちらは「子持ち鮎の甘露煮」や「カマスの姿寿司」など地元高知ならではの美味しい料理が盛り沢山で、そもそも通販の御節で太刀打ちすること自体が無理と思われた。

a0008617_10403850.jpg


ただし、こうした美味しい料理にありつくためには、やっぱり地産地消でなければ困難で、そのために払った航空運賃も考えると、こちらもかなり割高なのも事実。

ならば、いっそのこと地元の小売店と運送業者がコラボして、こうしたギャップを埋めることができれば、意外と通販御節にも明るい未来が開けると思うのだが、そのためには中抜きするハイエナ業者の排除が必要だよなあ。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-01-03 10:41 | 社会 | Comments(0) <:/p>

<< ♪不摂生たたる ♪液晶保護パネル >>