♪秋葉原で日本酒

昨日は、午後から「アキバ巡り」に出かけて、小島さんから頼まれたプリンタを探して中古ショップをくまなく回ったが、置いているのはエプソンとキャノンばかりで、ブラザーのプリンタは殆ど見かけなかった。

というわけで、昨日はお役に立てないばかりか自分の獲物も何一つ見つからず、こんな日もたまにはあるさという感じ。

で、夜まで時間を潰して19時になったので待ち合わせの「金の蔵Jr.秋葉原店」に行く。夕べは、彰の介さん、dawnさんと一緒に4年ぶりの「密会」を企画していたのだが、土曜日だというのに店の前には順番待ちの行列が。

3人だけだし、土曜の夜だからと思って予約していなかったのだが、これが大失敗、安い居酒屋は若い方で大繁盛のようだ。仕方がないから別の店にしようということで、dawnさんのオススメで同じビルの4階にある「稲田屋」に移動。

こちらは、先程の店より少し高級そうな雰囲気のせいか、まだまだ空いていたが、実はこれが大正解。後から知ったのだが、この「稲田屋」は、山陰地方で300年以上老舗蔵元として日本酒を造り続けている「稲田本店」の直営店なんだとか。

どうりで日本酒が美味しいはずだ。はじめこそビールで乾杯したが、そこから先は冷酒がグイグイすすむ。多分3人で1升以上は呑んだのではないか、こんなに美味しい日本酒を飲んだのも随分久しぶりのような気がする。
a0008617_528442.jpg


ブログやら仕事やら政治やらの話をツマミに呑んでいると、気がついたらもう22時前。そろそろ帰らなければと思って会計を済ませると、思っていたほど高くない。先程の居酒屋よりも一人千円高いぐらいで、こんなに美味しい冷酒が呑めるんだったら、おじさん連には、こっちのお店の方が雰囲気も落ち着いているしお得なように思える。

というわけで、昼間の「アキバ巡り」は何も成果がなかったが、夜の「アキバ巡り」では、お値段手頃で雰囲気がよく日本酒の美味しいお店を満喫することができた。

今秋には、海外のお客さんを招いて秋葉原で飲み会を企画しなければならないので、早速使わせていただこうと思う。
[PR]

by azarashi_salad | 2010-06-06 22:52 | お薦め <:/p>

<< ◆木を隠すなら森? 【予告】彰の介さんと開放的「密会」 >>