♪秋葉原で宝探し(失敗編)

「宝探し」である以上、いつもいつも良い結果が待っているわけではなく、もちろん失敗することもよくあるのだが、今回はそうした「失敗編」を紹介する。

1つ目はインタフェースボード(CHANPON2'TURBO-PCI)。「1枚のPCIボードにATA133、RAID、USB2.0、IEEE1394の機能を集約。」となかなか優れもののボードが500円で売られていたので期待したのだが、こちらはM/Bに挿すとBIOSも立ち上がらないという大ハズレもの。付属していた80芯ATAケーブル2本が使えたのが唯一の救いだった。
a0008617_2046232.jpg


2つ目は以前の日記で書いたCPU(Athlon XP 2600+)。CPUクーラー付きで300円で売られていたので即購入したが、今更ソケットA用のCPUクーラーを300円で買うという散々な結果に終わったorz
a0008617_2049435.jpg


3つ目はTVチューナーボード(Canopus MTV1000)専用リモコン(CRM-1)。500円が更に50%オフの250円で売られていたので即購入した。只の電池切れだろうと思って電池まで購入したが全く動作せずorz
ただし、付属のCDに付いてきたソフト「FEATHER」がなかなかの優れものだったので、ソフトを250円で買ったようなものだ。

【追記】
3つ目のリモコン(CRM-1)は、念のためメーカーのFAQを確認してからドライバを再インストールしたら正常に動作した。前回は取扱説明書に書かれていた通りインストールしたのだが、今回と手順がどう違っていたのか未だに不明。まあいいか、w
a0008617_20491815.jpg


以上の通り、動作保証なしのJUNK品を買う以上、正常に動作しないこともある(動作する方が少ない)ことを理解しておく必要があるが、「付属品だけでも十分」と納得しておけば、只のゴミにお金を払わなくて済む。

JUNK品を買う際にもう一つ注意しておきたいことは、安くなっている理由をよく想像してみること。

例えば、今回買った液晶モニタは元々中古相場の値段が付いていたので、ショップが買取ったときは正常に動作していた可能性が高い。しかし、付属ケーブルが欠品状態で本体に大きなキズがあるのでなかなか買い手がつかず、仕入れ値近くまで値下げしてでもショップとしては処分したかったのではないか。
a0008617_20561569.jpg


もちろん、上記はあくまで想像に過ぎないので本当の理由は違うかも知れないが、このように想像した上で納得できるものを買うだけで、ハズレをつかむ確率は大幅に減る。

GWはあと3日、秋葉原ではGW期間中に「中古祭り」を開催しているショップも多いので、散歩がてら「宝探し」に出かけてみてはいかがだろうか。
[PR]

by azarashi_salad | 2010-05-02 20:50 | お薦め | Comments(0) <:/p>

<< ◆調べればすぐ分かることなのに ♪秋葉原で宝探し(5/2) >>